ある日からメールが受信できなくなりました。

Writer: admin Type: jracademy Date: 2019-01-13 00:00
ある日からメールが受信できなくなりました。タイムアウトと表示します。別のパソコンでは受信します。受信しないパソコンのシステムを見ましたらパソコンに接続しているものが表示しました。その一番下に携帯電話の絵とSL21_1265-0553と表示しています。誰かが接続しているのでしょうか。ソニー製でしょうか?。その携帯が抜けたら受信しました。再起動したらまた携帯が表示し受信しません。私の携帯はシャープ製です。対策方法を教えてください。よろしくお願いします携帯電話と思われるものが4台確認できましたウイルスソフトでは防げないのでしょうかこの質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###治るかは定かではありませんが以下の3つの方法を試してみて下さい。・メールソフトのタイムアウト値を変更する・メールソフトのタイムアウト値を変更する・メールソフトのタイムアウト値を変更する[メールソフトのタイムアウト値を変更する手順]STEP1Outlookを立ち上げて、メールアドレス欄にて右クリックをし、[アカウントのプロパティ]をクリックします。STEP2[アカウント設定]をクリックすると[アカウント設定(A)]のメニューが表示されますので、クリックします。STEP3対象のメールアドレスをクリックしてから[変更(A)]ボタンをクリックします。STEP4[アカウント変更]画面が表示されますので、右下の[詳細設定(M)]をクリックします。STEP5[詳細設定]タブをクリックし、[サーバーのタイムアウト]の項目にて、設定時間を右へずらして時間を変更して[OK]ボタンをクリックします。※初期値では1分に設定されています。STEP6[アカウントの設定]画面に戻りますので、[次へ]をクリックして、アカウント設定のテストに進みます。STEP7[テスト アカウント設定]画面が表示され、受信と送信のテストの状況が[完了]と表示されましたら[閉じる]をクリックし、次の画面にて[完了]ボタンをクリックして完了となります。[メールソフトのタイムアウト値を変更する]STEP1Outlookを立ち上げて、メールアドレス欄にて右クリックをし、[アカウントのプロパティ]をクリックします。STEP2[アカウント設定]をクリックすると[アカウント設定(A)]のメニューが表示されますので、クリックします。STEP3対象のメールアドレスをクリックしてから[変更(A)]ボタンをクリックします。STEP4[アカウント変更]画面が表示されますので、右下の[詳細設定(M)]をクリックします。STEP5[詳細設定]タブをクリックし、[サーバーのタイムアウト]の項目にて、設定時間を右へずらして時間を変更して[OK]ボタンをクリックします。※初期値では1分に設定されています。STEP6[アカウントの設定]画面に戻りますので、[次へ]をクリックして、アカウント設定のテストに進みます。STEP7[テスト アカウント設定]画面が表示され、受信と送信のテストの状況が[完了]と表示されましたら[閉じる]をクリックし、次の画面にて[完了]ボタンをクリックして完了となります。[メールソフトのタイムアウト値を変更する]STEP1対象のメールアドレスをクリックしてから[アカウント]タブの[プロパティ]をクリックします。STEP2プロパティ画面が表示されますので、[詳細設定]タブに移動し[サーバーのタイムアウト(T)]の項目にて時間を変更し、[OK]ボタンをクリックして設定完了です。※初期値では1分に設定されています。携帯電話が抜けたら受信しました。↓乗っ取られている可能性があるかもしれません。受信出来なくなる前に添付ファイルやusbメモリなどを接続していませんか?記憶があるならばそこから侵入した可能性があります。ウイルスの場合以下の方法で駆除して下さい。ウイルスを駆除するウイルスは「実行ファイル(拡張子が.exe)」です(加えて「.dll」も存在することが多い)。ユーザからは簡単には分からないようになっていますが、必ず稼働している兆候があります。ソフトウェアを利用した変更方法ウイルス感染した場合は、次の4点に対して全力を注ぎましょう。ウイルスプログラムの稼働を確認する(一番厄介)ウイルス名を知る(分かれば駆除が容易になります)ウイルスの感染日を知る(他のウイルスを探す・原因を突き止める)ウイルスを駆除する(これらの情報を利用して行う)駆除に際して、いくつかウイルスの種類を知っておく必要があります(ここでは、破壊活動を行なうプログラムやスパイウェア全ての総称とて「ウイルス」と定義します。このため divX なども含みます)。プログラム名 内容Trojan Horse (トロイの木馬) 増殖も自分のコピーもしないが、データを損傷したり、セキュリティを危険にさらす。コンピュータウイルスとは異なり他のファイルに寄生したりはせず、自分自身での増殖活動も行わない。Worm(ワーム) 自己増殖を繰り返しながら破壊活動を行なうプログラム。、(狭義の)コンピュータウイルスとは異なる。Dialer(ダイヤラー) アダルト系情報にアクセスする目的でプレミアム料金の番号をダイヤルするプログラム。コンピュータウイルスでは無い為、削除されないことが多い。Backdoor(バックドア) コンピュータウイルスが感染する際に、外部からの操作を受け入れるための窓口としてバックドアを設置するためのプログラム。内容解説下記に、一般的な駆除の手順を掲載します(ウイルスが特定できない場合)。「タスクマネージャ」から現在起動中のプロセスを確認「レジストリエディタ」で起動時に稼働するプログラムを確認「特定のフォルダ」でウイルス感染したと思われる日の実行ファイルを探す全てに存在する実行ファイルを「セーフモード」で起動し削除これで駆除できることもあれば、できないこともあります。以下詳細に記述します。ウイルス駆除ソフトを導入 重要これが一番安全で、かつ容易です。駆除はできませんが、オンライン上からもウイルスの検出できるサイトも存在します(「コンピュータウイルス対策」参照)。運が良ければ、ソフトで駆除ができます。また、名前が確認できるだけでも非常に有益です。有名ソフトを2つ挙げておきます。・Norton Internet SecurityTM・ウイルスバスター インターネット セキュリティウイルスソフトでは防げないのでしょうか↓ウイルスソフトはあくまで保険なので完全に防げる訳ではありませんが、ないよりかは入れておいた方がいいです。長文失礼致します。ナイス0
###回答ありがとうございます!

 

TAG